初心者向け基礎情報

オンラインカジノは税金がかかる

オンラインカジノという言葉は日本では耳慣れないという人も多いかもしれませんが、世界的に見ると定番となっている遊びの1つだといっても過言ではありません。

今後は日本国内でもどんどん認知度が高まっていくことが予想されますが、この遊びに税金がかかるのかどうかが気になるという人もいるでしょう。

先に結論から言うと、税金はかかるのです。

オンラインカジノ以外でも、一般的なギャンブルで得た金に関しては、法律的に一時所得と見なされて課税対象となります。

事前にこのことを知っておかないと、後になって大変な事態を引き起こしてしまう可能性も考えられるため、遊ぶ際には注意が必要だといえるのです。

一時所得とは懸賞や福引きの賞金品、および競馬や競輪、カジノの払戻金などを指します。

しかしながら、カジノが他のギャンブルで得た払戻金と異なる点があり、それは銀行などを介して金が支払われる点が挙げられるのです。銀行を通すことによって、当然のことながら金の動きの履歴が残るため、きちんと税金を支払わないと厳しい追及が起こると考えられます。

ギャンブルで得た金に税金を払うことに不満を感じる人もいるかもしれませんが、銀行や税務署はしっかりと金の動きを把握しているので、国民の義務として払わなければならないのです。

また、税金を支払うためには確定申告が必要なのですが、自分で確定申告を行ったことがないという人もいるでしょう。

会社に勤めているならば会社側が処理をしてくれるため、基本的には社員が自分で申告をする必要はありません。しかしながら、オンラインカジノで得た金は個人の収入となるため、自分で申告をする必要があります。

納税はその年の1月1日~12月31日までに得た金にかかるものであり、その翌年の2月16日~3月15日の間に確定申告をしなければならないのです。

一時所得額の計算方法とは、儲けた金額から賭け金を引き、そこへ特別控除額を引いた金額がとなります。50万円未満の儲けであれば特別控除額として控除されるため、納税の必要がないことを覚えておきましょう。

会社に勤めている人の場合は、会社から支給される給与以外に20万円以上の収入があったら確定申告の必要があるのです。つまりどういったことかというと、70万円以上の儲けが出ていない場合は申告の必要がないということだといえます。

オンラインカジノで得た金に税金がかかることを理解している人は少ないかもしれませんが、金額によっては確定申告の必要がないため、自分でしっかりと金の管理をしておくことが重要だといえるのです。

申告を行う際は期間が定められているので、その期間内に必ず申告をするよう、必要な書類の準備などは事前にしっかりと行い、直前になって焦ることがないように準備をしておくことは重要だといえます。

納税は国民の義務であり、申告が必要なのか不要なのか、金額をきちんと把握しておくようにしましょう。