カジノゲームの種類

ブラックジャックのルール

カジノのゲームとしては定番と言っていいのがブラックジャックです。

ルールは非常にシンプルですが、それでいて奥深くディーラーや他プレイヤーとの駆け引きが重要となります。

オンラインカジノでならいつでも世界中のプレイヤーと勝負が出来るので、手軽にゲームの興奮を味わえるでしょう。

それでは、ブラックジャックのルールを説明していきましょう。

まず、ディーラーとプレイヤーにカードが配られます。

・カードの合計値が21に近いほど強いです。
・カードの合計値が21を超えると「バースト」となり、その時点で負けとなります。
・「21」を越えない限りは好きなだけカードを引くことが可能です。
・ディーラーは合計値が17を超えるまではカードを引かなくてはいけません。

基本的なルールはたったこれだけです。

次に、カードの数値の数え方を説明します。

・「2」から「10」までは、そのままの数値として数えます。
・絵札の「J」「Q」「K」は「10」として数えます。
・「A」は、「1」もしくは「11」のどちらか好きな方で数えることが出来ます。

最後に、ブラックジャックで使われる用語を解説していきます。

・ヒット…カードを1枚引きます。
・スタンド…カードを引かず、現在の数値でディーラーと勝負します。
・ダブルダウン…最初に配られたカードを見て、次にカードを引いた時に勝てそうな場合は賭け金を倍にすることが出来ます。代わりに次のカードは1枚しか引くことができません。
・インシュアランス…ディーラーのオープンカードが「A」だった場合に、元々の賭け金の半額を追加でベットすることで、ディーラーがブラックジャックした場合に賭け金が戻ってきます。
・サレンダー…最初に配られた2枚のカードを確認して、勝てないと判断した場合に降参します。「サレンダー」する事により、ベット額の半額が戻ってきます。
・スプリット…最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合、「スプリット」をするとカードを2手に分けてそれぞれにベットする事が出来ます。それぞれのカードには最初に賭けた金額をベットする必要があります。

以上でブラックジャックの遊び方の説明は終了です。

やってみたらシンプルですが、奥が深いゲームだということが分かります。