カジノゲームの種類

ルーレットのルール

オンラインカジノで定番のゲームの一つがルーレットです。

ルーレットのやり方は、テーブル上の好きな箇所にチップを置いてベットが終わったらルーレットを回します。

そして、球の入ったスポットが確定した段階で結果が分かり、ベットしていた方法に基づいてプレイヤーにそれぞれ配当が与えられるという仕組みです。

ルールそのものは、とてもシンプルですがそれゆえに奥深いのがルーレットの特徴であり醍醐味といえるでしょう。

ベットを行うときのルールは、まずそれぞれのテーブルにはミニマムベットと呼ばれる最低額となるベットが設定されています。

ミニマムベット以上の賭け金をルーレットで勝負するときには入れなければなりません。

ルーレットには大きく分けるとインサイドベット・アウトサイドベットに大別されています。

インサイドベットは、数字の部分にチップを賭ける方法です。獲得額が高めであることが特徴的で、特に数字一点賭けではあたると35倍もの倍率がついて360ドルの収入が発生するなど儲かりやすいのが特徴です。

ただ、もちろん一番難しいベットの仕方であることは違いありません。

アウトサイドベットは、数字がかかれている外側の部分で賭けていく方法です。儲けは少ないものの、当たりやすい方法であるといえるでしょう。

例としては赤黒賭けでは、赤か黒の色のどちらかを賭けていきます。

倍率は1倍・あたる確率は50%であり最も当たりやすい確率です。

前半後半賭けと呼ばれる賭け方もあり、1から18・19から36のいずれかに賭けることも可能でこの場合も倍率は1倍で当たる確率50%です。

ダース賭けと呼ばれる「1」から「12」・「13」から「24」・「25」~「36」のいずれかに賭ける場合は2倍の倍率で、当たる確率は3分の1となります。

攻略法はマーチンゲール法が良く知られています。

負けた場合に賭けた金額の倍額を次の勝負に賭ける方法で、1度勝つと収支が必ずプラスになる方法です。

テーブルリミットと呼ばれる賭けられる上限・下限に左右されるデメリットや賭け金が高騰したときに対処しきれなくなるのが欠点ですが、使える時には勝てば必ずもうかる賭け方となります。