オンライン決済

アイウォレット(iwallet)の特徴

今すぐアイウォレット(iwallet)を登録して利用したい方はこちら

iwallet 公式サイトへ

アイウォレットは日本でも人気が上昇中のオンライン決済サービスで、インターネット上で簡単に入金と出金ができます。

口座を持っている個人や法人に対して、すぐに送金することが可能です。

取り扱っている通貨も多く、よく使われる9通貨に対応していて日本の通貨ももちろん使えます。

2013年に香港の企業が設立したアイウォレットは、日本語にも対応しています。

ショッピングにも利用でき、入金方法も多彩なのが特徴です。

以前はプリペイドカードを使ってコンビニのATMや郵便局から出金ができましたが、2018年7月19日以降は出金できなくなっています。

プリペイドカードが使えないので、銀行口座へ送金して残金を出金することになります。

便利なプリペイドカードが使えなくなったことから、アイウォレットは日本向けに収納代行サービスをスタートさせています。

収納代行サービスとは、会社を通じて国内の銀行口座に振込をしてくれるサービスです。

出金手数料が必要で、反映するスピードは3営業日になります。

新しいオンライン決済サービスのアイウォレットを利用したい場合は、まず登録をして口座を開設します。

公式ホームページにある専用フォームに必要事項を入力するだけなので、登録は数分で終わります。

口座を開設した後には上限が設定されています。

この上限は本人確認書類を提出することで解除が可能です。

親切なカスタマーサポートがあるので、困ったことがあればすぐに相談ができます。

日本ではオンラインカジノの人気が高まっていますが、アイウォレットは有名なオンラインカジノで使うことができます。

送金がスピーディーで使いやすいアイウォレットですが、口座は1人につき1つです。

口座をせっかく作ったのに90日以上使用実績がないと休眠口座扱いになり、180日以上取引実績がない場合は休眠口座の管理費用を徴収されます。

登録が完了すると連絡メールが届きます。

口座を開設した後はアップグレードを行います。

アップグレードをしないと、1000ドルまでしか利用できなくなります。

アップロードを行うには2種類の方法があります。

ひとつはユーザー設定行うことで、もうひとつはKYC書類をアップロードすることです。

アップグレードの審査には通常1日から2日程度かかります。

KYC書類というのはパスポートや運転免許証などの本人確認書類と住所確認書類です。

KYC書類をアップロードする場合は、説明をよく読んでから必要な書類を提出します。

アップロードが終了すると、画面の下部にファイルが反映されています。

オンラインカジノなどに入金する場合は、ログインしてから入金申請をします。

入出金がスピーディーなのでストレスなく利用できます。

他のオンライン決済サービスに比べると出金手数料は高めになります。

登録が簡単で即時入出金が可能だという点は大きなメリットです。

資金管理が簡単なので、オンライン決済サービスのサブとして利用している人が増えています。

iwallet 公式サイトへ