オンライン決済

スティックペイ(STICPAY)の入金方法

今すぐスティックペイ(STICPAY)を登録して利用したい方はこちら

STICPAY 公式サイトへ

オンライン決済サービスのSTICPAYは、海外で展開されている様々なサービスの支払いに使えます。日本語にも対応しているので、日本人にも使いやすいのが特徴です。

利用するために口座を開設したら、入金をしなければいけません。

スティックペイには、銀行振込・クレジットカード・他の海外口座から支払うなどの入金方法があります。

入金方法にはそれぞれメリットとデメリットがあり、場合によっては損をすることもあるので注意が必要です。

銀行振込は比較的安全に入金できる方法ですが、アメリカの口座宛に入金するので手数料が高額になってしまいます。

国内にある他の銀行口座に入金するより手数料は高く、他の方法に比べても負担は大きくなります。

オンライン決済サービスを利用するのに余計な手数料が増えますから、経済的な負担が増えるのはデメリットと言えるでしょう。

クレジットカードは対応しているブランドなら、すぐに入金できるのがメリットです。

すぐにオンライン決済サービスを使って支払いをしたいときには、スピードは魅力的なポイントになるでしょう。

しかし、クレジットカードを使う場合はカードの画像を撮影して送信しないといけません。

カード番号やセキュリティーコード行った情報だけでなく、画像を撮影し送信するのはハードルが高いと感じるでしょう。

もし不鮮明で確認できないと、認証されず余計な手間がかかる恐れもあります。

とはいえカード画像の認証さえクリアすれば、素早くオンライン決済サービスを使うことが可能です。

クレジットカードは、スティックペイで便利な入金方法であることには変わりません。

他の海外口座から入金する場合、スティックペイとは別に口座を開設しなければいけません。

それだけでもかなりの手間がかかりますし、入金をするときには代替手段からも操作をする必要があります。

そもそも海外で利用できるサービスでは、オンライン決済サービスのスティックペイとともに他の海外口座を使えるケースも多いです。

それなら面倒な手間を変える必要もありませんから、日本人にとってはあまり使わない入金方法と言えるでしょう。

以上の点に注意して利用する入金方法を選んだら、口座開設時に登録したメールアドレス・パスワード・生年月日を入力して、会員ページにログインしましょう。

会員ページにログインしたら、左側にある入金をクリックし利用したい方法を選んだ下さい。あとは入金する金額や通貨などを選んだら、スティックペイで入金する手順は以上です。

最後に利用するサービスで、問題なく入金した金額が反映されているのか確認しておきましょう。もしスムーズに入金できない場合は、カスタマーサポートに問い合わせましょう。

日本語に対応しているオンライン決済サービスなので、入金方法でトラブルになったときも安心して解決できます。

便利なだけでなく日本語対応で安心して利用できるのも、多くの日本人が支払い方法で選んでいる理由です。

STICPAY 公式サイトへ