オンライン決済

スティックペイ(STICPAY)の特徴

今すぐスティックペイ(STICPAY)を登録して利用したい方はこちら

STICPAY 公式サイトへ

オンライン決済サービスと聞くと、エコペイズやアイウォレットなどを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、近年注目を集めているオンライン決済サービスの一つにスティックペイ(STICPAY)が挙げられます。

香港に本社を構えている英国系の会社で、電子マネー決済サービスと同じサービスを提供するものです。

オンライン決済サービスとは入金や出金が簡単にインターネット上で行えるものです。

スティックペイではプリペイドカードを発行していますが、これを利用することで買い物などのクレジットカード利用と同じように使うことができます。

スポンサー活動にも力を入れている会社で、サッカープレミアリーグのチームとパートナーシップ契約をしている特徴もあります。

スティックペイの特徴としてまず挙げられることは、手数料の安さです。

従来のオンライン決済サービスの場合には、海外からの銀行の送金は、中継の銀行を経由して行われることから、何日も時間がかかり、手数料も多い特徴がありました。

しかし、スティックペイの場合では、国内の銀行口座から送金するので、手数料だけではなく着金時間もかかることなく、入出金が可能となります。

他社と比べた場合には手数料かなり安く、着金も早いという特徴があります。

二つ目の特徴としては、専用のプリペイドカードを利用することで、ATMから引き出しができるということです。

オンラインカジノで勝利したお金を、自宅や仕事場の近くのATMで引き出すことができるのは大きな魅力といえるでしょう。

ただし、1か月に利用できる限度額が9000ドルと決まっているので注意して下さい。とはいえオンラインカジノで利用する分には十分すぎると思います。

スティックペイを利用するためには、自分の口座に入金しなければなりません。

入金する方法には国内銀行送金や、クレジットカード、銀行送金、ビットコインの中から選ぶことになりますが、ビットコインで入金した場合には手数料がかからないというプロモーションが開催されることもあります。

手数料がかからないので、ビットコインの口座を持っているのであれば、ぜひとも利用しておきたいサービスといえます。

ビットコインの口座を持っていないのであれば、銀行振り込みを選べば手数料を安く抑えることは可能です。

そしてスティックペイをより賢く使う方法としては、複数の口座を開設することが挙げられます。登録するときにメールアドレスを変えれば、一人で複数の口座を持つことが可能です。

一つは日本円口座に設定しもう一つはアメリカドルなどのように使うこともできるでしょう。

本来であればメールアドレスはそれぞれ別のものを用意する必要がありますが、口座の本人確認の書類については、同じものを使い回すこともできます。

最初に日本円の口座を開設したけれども、やはり別の通貨にしたいと思うことがあるかもしれません。

このようなときには改めて登録したうえで、以前使った書類のデータを再び送るだけなので、それほど手間がかかることがありません。

口座はいくつも作ることができますが、カードはひとり1枚までとなっているので注意しましょう。

STICPAY 公式サイトへ